同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > お知らせ

お知らせ

交流(同期会や学生など)

工学部岳稜会のOB会報告

 工学部岳稜会が鍛えた私

 昨年12月京都平安ホテルで開かれた工学部岳稜会の還暦以上の会員によるOB会に久々に参加した。懐かしい面々とのしばしの懇親会の後、16人全員で今出川の新校舎へ移動して学校関係者の方の案内で見学した。大変に充実発展している様子を知り、感動に満たされて帰路に就いた次第である。

 さて、私の学生時代の岳稜会について述べさせて頂くと、私は入学後の1年間在籍していた別のクラブに限界を感じていた。2回生になった4月のオリエンテーリングで岳稜会に出会った。聞くと前月までは「電研山の会」だったが対象を工学部全体に広げたところで、機械科の私はすぐ申し込んだ。
 入会後は早速夏山合宿に向けての歩荷(ぼっか)訓練を愛宕山、北山等で行い厳しく鍛えられた。
 合宿は白馬岳のある後立山完全縦走8日間でテント等の共同装備もあって1人当たりの荷物は30kgを超えた。不安ながらもこの山行をクリアしてからは体力に自信がつき、卒業まで有意義に過ごす事が出来た。
 今、少しふりかえるだけでも次のようなことが頭に浮かぶ次第である。
@2回生の時に合宿に向けての段取り準備や訓練方法の基礎をしっかり教わった。
A3回生の合宿は浅い経験の私もリーダーをすることとなり、文字通りリーダーシップ実践の勉強になった。
B3回生の年度末にはガリ版刷りの会誌「くまざさ」を発刊して活動記録とした。
C京都北部へ続く連山に含まれる「山城五十山」等の山々の三角点探しは迷い易く難しかったが、地図や磁石を使う訓練に大いに役立った。

 学生時代を終え、就職してからは30年以上登山をしなかった。50歳で東京へ赴任して5年後に埼玉県秩父のしだれ桜の巨樹見物に行き、武甲山の雄姿を見て登りたくなったのがきっかけで登山を再開した。NHKテレビの影響で「深田の百名山」ブームも始まり、せっせと登るうちに気付くと四十座を越えていたので百座登頂を目指して退職後2年目で達成した。
 一方で、一企業戦士として悪戦苦闘の多くの挑戦をさせてもらい、それらのストレスにも負けずにやってこられたのも学生時代につちかわれた「力」によるものだと思う。司馬遼太郎の講演記録によれば新島襄の遺言は「倜儻不羈(てきとうふき)の人を育てよ」とのことである。口はばったい話で恐縮だが前述の「力」こそ新島先生の薫陶を間接的に同人の方々から受けてきた結果だと信じている。

機械工学科 昭和41(1966)年卒
広瀬 逸男 記


<添付写真>
@平成24年岳稜会の集い
 昨年1217日(月曜日)烏丸今出川の平安ホテルで行われた岳稜会の集いの写真です。
 急遽の開催となったが、出席者は岳稜会の創部者上西勝也会長(S37年電気)をはじめ、遠路埼玉県川越市から駆けつけた森本欣司郎、尾張旭市から広瀬逸男(筆者)、大垣市から堀江弘宣夫妻、岡山市から山本敏夫(S46年機械)、地元関西からは藤原義博、薮崎努、岡本晃、森本護、山本明二(S41工化)、野田純一、鈴木進、恒藤邦夫、川野直男、熊倉正彦の諸氏16名が集まった。

A夏山合宿 後立山連峰・爺が岳山頂にて
 岳稜会の恒例行事である北アルプス合宿でのなつかしい思い出の写真です。
 私にとっての初合宿、白馬岳から後立山連峰8日間完全縦走、テントなどの共同装備もあって一人当たりの荷物が30kgを超えた。途中アクシデントがあり、出発時の仲間14名中11名が全コースを完全縦走した。
(会報 くまざさ 第
41964.4.1発行)
 前列左から、洞武夫、森本欣司郎(サブリーダー)、和田文雄、吉沢逸男、後列左から、野田純一、山口善章、堀江弘宣、広瀬逸男(筆者)、山本明二の諸氏、撮影者はリーダー立原仁氏、その他に村上圭史(達也)、中畔忠孝、新庄康裕、森本護の諸氏。
 過日の岳稜会の集いに集まった面々に、この懐かしい写真の顔々が重なった。

2013-03-29 交流(同期会や学生など)

「放電加工・プラズマ応用」ゼミ同窓会報告

 初めてのゼミ同窓会は盛会でした♡♡♡...

 応用電気、プラズマのゼミ同窓会が平成24年11月11日(日)に、寒梅館7階のセカンドハウスWILLで開催されました。ゼミ卒業生が学年を超えて集まるのは、平成17年7月に藤田先生のご退官記念で開催した「プラズマ第2 研究室リユニオン」以来ですが、この時は、藤田先生の指導を受けたゼミ生が中心であったため、全てのゼミ出身者を対象としたものとしては、今回が初めてのことになりました。

 会場となった寒梅館は、平成16年に烏丸通りの学生会館跡地に竣工した比較的新しい建物で、ロースクールとビジネススクールの教室、大小のホール、各種会議室、また最上階の7階にはフレンチレストランがあるなど複合的な機能で構成されています。レストランからは東山の眺望が楽しめ、8月16日の五山の送り火には早くから予約で一杯になることでも知られています。

 記録によりますと、元木ゼミで最初の卒業生が誕生したのが昭和28年でしたから、案内方法をどうするか、何人くらい出席していただけるかが、世話役、特に発起人の中心として動いていただいた森本護さん(昭和40年卒)の大きな悩みでした。幸い、理工学部同窓会の総会案内への便乗と集中的な個別案内を駆使することで、結果的に31名の出席者(参加のご返事は35名)をお迎えすることができました。森本さんのご苦労が実ったのも、皆様のご協力のたまものと感謝する次第です。

 出席者の中には、藤田先生(昭38年卒)、橋口先生(昭34年卒)をはじめ、リユニオンの代表兼OB会会長の岡秀敏さん(昭56年卒)、女性では河合佳美さん(旧姓林、昭63年卒)、後藤知世さん(旧姓小河、平10年卒)、若手では、池本裕紀さん(平17年卒)、上田裕也さん(平17年卒)など、それぞれ19の卒業年度から多くの方々が元気なお顔を見せて下いました。またリユニオン発起人の一人である猿谷剛さん(平11年卒)などは、インド出張から東京への帰途、お疲れのところをわざわざ立ち寄っていただき、元気に昔話に興じておられたのが印象的でした。

 この日は、午後2時から理工学部同窓会があり、3時からは第一次と第三次の南極観測越冬隊員として、またタロ、ジロ物語でも著名な北村泰一先生のご講演があり、約2時間にわたって会場を笑いと感動でつつんでおられました。先生は、80歳を超えられても大変お元気で、特にお歩きになる時の姿勢の良さと速さには我々若輩の及ぶところでないと強い感銘を受けました。

 今回の同窓会は、皆さまのご協力で盛会に終わりましたが、老いてますますお元気な北村先生にあやかって、ゼミ生一同くれぐれも健康に留意され、次の機会にも元気なお顔が拝見できることを願っています。


谷村(昭39年卒)記

報告後記:添付写真は尾山和也さん(昭60年卒)撮影

2012-11-28 交流(同期会や学生など)

工学部岳稜会OBの東西対決ゴルフのご報告

 工学部電子工学科65年入学の後藤忠彦です。
 在学中は山岳系の同好会である工学部岳陵会に所属し、春、秋は京都の北山、夏は 北アルプスの15日間の夏山合宿、冬は八ヶ岳での冬山合宿とヤマボーイを満喫しました。
 就職は本社が東京にあるNECで日本の高度成長期でもあり、コンピュータ関連の仕事は それなりに充実したものでした。 現在は退職し、ゴルフ、テニス、陶芸、庭いじりと 日々過ごしていますが、退潮著しいこの日本の将来を憂えている前期高齢者です(笑) 。
  さてその工学部岳陵会のOB会ゴルフが11月1,2日開催されたのでご紹介します。
 参加メンバーは関西から藤原(60年入学),立原(61),森本(61),新庄(63)の4名、名古屋から中野(66),大槻(66)、そして関東地区から寺澤(60),和田(63),飯田(65),,そして後藤の計10名は初日の1日 9時17分、新幹線三島駅に関西、名古屋組が到着。タクシーで20分後には沼津ゴルフに到着しました。このゴルフ場は東名高速沼津ICから5分と近く、昭和39年開場の駿河湾を見下ろす丘陵コースです。尚、当方現在のここのハンデイは16です。 10時5分スタートし、昼食をはさみ、夕方4時20分、無事夕暮れ前に完了。ベストグロスは 名古屋の大槻さんの84でした。風呂には入らず3台の車に分乗して東名高速に入り、御殿場ICから箱根仙石原へ途中の車中から夕暮れで赤く染まる富士山は、画家林武の名画 「赤富士」のようでした。みなさんもこの景色には感動したようです。
 本日の宿泊は寺澤さんが会員の東急ハーベスト箱根甲子園。早速温泉に入り今日のグリー ンは早かったとゴルフ談義が盛り上がりました。夕食は和風懐石で酒を飲みながらの歓談、全員が近況報告を披露してくれましたが残念ながら山行報告はありませんでした。立原さんが今夏ロッキー山麓をご夫婦でトレッキングしたのが山行報告らしきもの。 現役でご活躍中は新庄さんで、同志社中学の跡地利用では設計関連で貢献されたとの報告でした。
 さて、今日も昨日と同様に快晴、コースは名門箱根カントリークラブ。日本HP社長 だった寺澤さんがメンバーで理事長は細川護煕元首相、昭和29年開場で、箱根の外輪山に 囲まれた雄大でフラットなコース。ブルドーザーを使わず手作りとのことで、グリーンの整備も素晴らしく、簡単に3パットが出てしまいました。関西の名門は昭和7年開場の広野 ゴルフクラブですが、同等の品格をもつコースでしょうか、晴天の中、周囲の山は紅葉で色づき、スコアとは別に素晴らしい一日で皆、満足でした。今日のベストグロスは立原さんの91で 東西対抗戦は東の圧勝。来年も全員元気でゴルフをしようと再開を誓い、別れとなりました。
 最近は若者にはヤマ人気がなく、この工学部岳稜会は廃部となりましたが、野田(63)さんを中心に八方スキー合宿、そしてゴルフほかOBが集まりました。3年前には50周年記念の会を開催し、100名近いOBが集まりました。 東京一極集中から歪が目立つ昨今、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中教授と わが工学部物質化学工学科卒業の高橋和利京大講師と関西勢の一層の奮起を期待する昨今です。

2012-11-28 交流(同期会や学生など)

 

HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報理工学会案内Dokoネット同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850