同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > お知らせ

お知らせ

交流(同期会や学生など)

化工7074会報告

化工7074会

 大学を卒業して丁度40年。家族・家庭を顧みず一生懸命働き続けた40年。気がつけば還暦も過ぎそして定年を迎えた時、思い出すのは学生時代を過ごした京都・大学・仲間たち。懐かしいなあ・・・、会いたいなあ・・・。その気持ちが「面倒くさがりや」の私を動かした。これには伏線があった。同窓の友人と東京で酒を飲みながらの会話。「しかし、早くしないと会えなくなるなあ・・・。同窓会をするとしたら時間の出来る今年の秋が最後のチャンスかも」これが昨年のお正月。

 夏も過ぎ、連絡をとるにしても連絡先が判明している人はわずか。頼るのは同志社大学 理工会。事情を説明し卒業生の連絡先を教えて頂き、三名で手分けし20数名に連絡したところ12名から参加の連絡(当日1名欠席)。

 11月23日12時西門前に、すれ違っても絶対判らない、しかし面影のある顔が続々集合。新町学舎と学生会館(現寒梅館)を回り再び今出川学舎へと、就職が決まった時に投げ込まれた池、扶桑館そしてハリス理科学館(現在新島先生の展示場になっており、“八重の桜”を思い出しながら見学)。懐かしさの中にも近代的に変貌し、益々発展しているのを嬉しく感じながら正門を出、紅葉の御所を散策し新島会館を経て河原町三条。お酒を飲みながら、40年前の思い出が次から次に、カラオケで歌い、最後はカレッジソング。

 まだ現役で頑張っている人、一旦定年し再就職している人、引退している人いろいろ。

 一回限りの集まりと思っていたのが、参加者からもう一度、今度はもっと人数を集めてとの声に、会いたかったのは私だけではなかったのだ。集まって良かった!!

 再会を約束して散会。 40年の時空を超えて当時の青年に戻った楽しい半日でした。


 参加者:後藤文夫、井上隆壽、川戸清比己、菊山裕久、水谷安裕、中井秀樹、太田徹次、大谷俊一、梅田四郎、山本純、横田繁夫(計11名)

1974年化学工学科卒 横山 繁夫・菊山 裕久 記


2015-03-05 交流(同期会や学生など)

1964(昭和39)年電気工学科卒業同期会報告

卒業50周年記念お花見同期会報告

 昭和39(1964)年電気工学科卒業の同期会は5年ごとに開催していまして、30周年(1994年)の時には丁度工学部が田辺町(当時)に統合移転をした年で、有徳館西館の前に直径10cm程のソメイヨシノ桜2本を植樹しました。花が咲くようになり、関西の同期生が4月の第1土曜日にお花見会を開催してきまして、2014(平成26)年4月3日(木)、4日(金)に、今年の卒業50周年記念の同期会を大学京田辺キャンパスでのお花見会とその後、八瀬離宮エクシブでの一泊の同期会を開催し、総勢参加33名の楽しい会になりました。

 桜の前での集合写真と宴会場での集合写真を紹介します。宴会後も二部屋に分かれて、深夜まで二次会で昔話や健康のことを話し会い、翌朝朝食後、解散しました。有志は新しくなった今出川キャンパスの散策をしました。地下鉄の今出川駅北口から直接キャンパスの良心館へ、良心館のラーニングコモンの見学、耐震構造の博遠館、寧成館、明徳館、チャペル、理化学館のギャラリーの展示見学、そして御所北西の桜のお花見と楽しく過ごしました。昔の下宿近くを散策もしました。




2015-03-05 交流(同期会や学生など)

同志社東京39E会開催報告

同志社東京39E会開催

 昭和39年電気工学科卒業の東京グループリユニオン懇親会が港区西麻布の(財)麻布研修センター霰会館にて2014年12月15日15名が集まりました。




2015-03-05 交流(同期会や学生など)

 

HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報理工学会案内Dokoネット同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850