同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > お知らせ

お知らせ

講演会・シンポジウム

同志社理工学会講演会


 講演会を下記のとおり開催致しますので御案内申し上げます。
                          記
日 時: 2011年2月9日(水) 13:00〜15:30
場 所: 恵道館204講義室 (KD‐204)
講 師: @ITER機構 セントラルインテグレーション&エンジニアリング部門
                            オペレーションセクション、シニアオフィサー(RAMI担当)
        岡山 克巳氏
演 題: 「地上にミニ太陽を−核融合エネルギーの平和利用とITERプロジェクト」

<講演内容>
ITER(国際熱核融合実験炉)は、平和目的の核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとする超大型国際プロジェクトです。世界7極から南フランスのカダラッシュに集まったスタッフが中心となり、これまで各国が個別に進めてきたトカマク型核融合炉の開発成果を元に、最先端技術を投入しながら開発を進めています。日本は準ホスト国としてプロジェクトをリードする立場にあり、多くの分野で先頭に立ってプロジェクトを引っ張っています。本講演ではITERの概要およびその重要性を説明し、更に私がITERと関わりを持つことになったきっかけや実際にITER計画に携わっている立場から、日々の業務や国際プロジェクトで働く意義やチャレンジ、将来展望などについてもお話したいと思います。

講 師: A日新イオン機器株式会社 I/I事業センター プロセスエンジニアリンググループ
        宮本 直樹氏
演 題: 「プラズマ技術の産業応用−半導体製造とイオン注入−」

<講演内容>
宇宙の99%を占めると言われるプラズマに対する理解と制御技術の進展に伴って、プラズマ技術は学術目的から産業界への適用が進んできた。古くは蛍光灯もその光源はグロー放電と言うプラズマの一種である。それ以外にも産業界の様々な分野での、プラズマ技術の応用が進んでいる。現在、コンピュータや情報・通信機器のみならず、家電製品や自動車、果ては玩具に至るまで、多くの半導体が用いられている。これらの半導体は、1チップあたり数万〜数億個もの微細なトランジスタを集積したものである。この微細なトランジスタの製造における薄膜形成、エッチングそして不純物注入においては、プラズマを用いた技術が必須となっている。講演では、プラズマ技術の進展を概観した後、現在の半導体の構造とそれを製造するためのプラズマ技術、特に不純物イオン注入技術の進展について報告する。

2011-02-10 講演会・シンポジウム

加藤・山ア記念基金 名誉文化博士号贈呈式及び特別講演会のお知らせ


 標記贈呈式及び講演会を下記のとおり開催致しますので御案内申し上げます。
 山ア 舜平氏は、1965(昭和40)年工学部電気工学科を卒業、1967(昭和42)年電気工学専攻を修了され、 現在株シ導体エネルギー研究所で代表取締役としてご活躍されております。
 今回、同志社大学から名誉文化博士号を贈呈されるにあたり、贈呈式及び講演会を開催致します。

                         <贈呈式>
                        記
           開催日時:2011年1月20日(木) 10時30分〜11時00分
           開催場所:今出川キャンパス 神学館礼拝堂


                         <講演会>
                            記
           講演題目:「加藤与五郎先生から学ぶ師弟について」
           講   師:山ア 舜平 氏  半導体エネルギー研究所代表取締役
           開催日時:2011年1月21日(金) 15時00分〜16時30分
           開催場所:京田辺キャンパス 恵道館301教室


<講演内容>
 このままでは世界から見て日本人はいらなくなってしまうのではないか。高度成長期を経て、なぜ日本がここまで滅びの方向に向かってしまっているのか。将来への不安に駆られ、自分の生活の安全ばかり欲して行動すればするほど、世に必要とされる人間にはなれない。恩師加藤与五郎博士によると、教育の原点は人である。寺子屋教育に立ち戻り、「A Man(=Able Man)」を育成することが、学生本人にとっても、日本にとっても危機打開への道になるのではないか。

<加藤・山ア記念基金>
 加藤与五郎博士の主張される「学問の新しい流れを創る研究、新しい工業を創成する独創的な研究」を実践できる若い研究者を育成するために、山崎舜平氏の尽力により設けられた基金。

2011-01-07 講演会・シンポジウム

第48回 同志社大学理工学研究所研究発表会 2010年度学内研究センター合同シンポジウムについて


2010年12月4日(土)に第48回 同志社大学理工学研究所研究発表会 2010年度学内研究センター合同シンポジウムを京田辺校地の恵道館で開催致します。


<特別講演>
・皮膚の光老化                         市橋正光(同志社大学研究開発推進機構)
・日本の技術者のベクトル −希望ある未来に向けて        長田康久(潟qューマンストラテジー)
・躍進する中国経済と日本企業の対応戦略              此本臣吾(竃村総合研究所)
・グルコースとタンパク質による生体内糖化反応とその抑制   八木雅之(アークレイ)
・はやぶさの帰還と、その飛行の歩み            川口淳一郎((独)宇宙航空研究開発機構)

2010-11-22 講演会・シンポジウム

 

HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報理工学会案内Dokoネット同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850