同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME同窓会案内 > 同志社大学理工学部同窓会会則

同志社大学理工学部同窓会会則

総 則

第1条 本会は同志社大学理工学部同窓会(以下同窓会と略す)と称する。
第2条

本会は同窓会会員相互の親睦を深め,会員と同志社大学理工学部(大学院を含み 以下理工学部と略す)の双方の発展に貢献することを目的とする。

第3条

本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。

1. 会員の互助懇親活動
2. 会員名簿の作製と管理
3. 理工学部との交流に関わる事項
4. その他幹事会が必要と認める事項

会員

第4条

本会の会員は次の者とする。

卒業生会員: 理工学部卒業生、工学部卒業生、大学院工学研究科修了生、および旧工業専門学校卒業生
教職員会員: 卒業生会員以外の理工学部と工学部関係の現教職員および元教職員
特別会員: 幹事会で認めた者

会費

第5条

同窓会の運営費は,年会費,学部新卒業生によって納められた入会金,および幹事会によって認められた寄付金をもって当てる。卒業生会員は会費として毎年1口2,000 円を納める(数年分の一括,あるいは多数口の納入も可能)。 また,学部新卒業生は,卒業年度に入会金として10,000 円を一括納入し,以後5年間の年会費を免除される。入会金の納入は,「学費の納付書」に併記され,同志社大学財務課で取り扱われる。

役員と幹事会

第6条

本会に会長1名,副会長2名以内を置く。会長は同窓会を統括し,副会長は会長を補佐する。会長および副会長は総会において選出し,その任期は2年とする。再任は妨げない。
第7条 本会には,会員によって推選された若干名の幹事を置く。幹事の人数は,各学科系列によって均等であり,卒業年度や地域に偏しないように配慮して選任する。幹事は,会長によって委嘱され,その任期は2年とする。再任は妨げない。
第8条 本会には 会長・副会長,および幹事によって構成される幹事会を設ける。幹事会は,少なくとも毎年2回は開催し,事業の企画,実行方法および成果について十分に審議しなければならない。幹事会には,幹事の互選によって幹事長と会計幹事を置く。幹事長は,本会の事業を推進するために幹事会を招集し,幹事会の議長を務め,事業計画を推進する。また,会計幹事は,本会の経理事項全般を管理する。
第9条 本会には,運営状況や会計事項の監査を行う監事2名を置き,事業の適正を期す。監事は総会で選任し,その任期は2年とする。再任は妨げない。
第10条 役員に欠員を生じた場合は,その事務取扱者を幹事会で選任することができる。
第11条 会員の意向を本会の運営に反映させるため,幹事会は顧問を選任し助言をもらうことができ,また別に小委員会を組織し運営することができる。

総 会

第12条

本会は原則として年1回総会を開催する。会長は総会を召集し,議長を務める。
第13条

総会は連絡可能な会員に参加を求め、本会の運営に関する重要事項を付議し、必要に応じて、出席会員の過半数をもって決議する。

本会の運営に関する重要事項とは次のものとする。

1. 前年度の事業と決算
2. 当該年度の事業計画と予算
3. 役員人事
4. 監事による監査報告
5. その他幹事会で必要と認めた事項
第14条 総会の議事録は本会事務局に保管する。
第15条 本会の事業年度は,毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

付 則

本会の会則の変更は幹事会で起案し、総会で承認を得なければならない。

 

2010年11月7日改正

 

 


トップページへ戻る

HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報DoKoネット同志社理工学会案内理工学部同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850