同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > 同期会情報

■同期会情報


七夕会(電気学科 昭和32(1957)年卒)の50年


 七夕会の前身は卒業後同窓の中で、結婚した学友を祝う為に開いた会で毎年の様に結婚が続いた。

 京阪神在住の学友は10年近くで殆ど結婚した。従って祝う会として集まる機会がなくなった。このままでは今後集まる事が無くなるのではとの思いが、何人かの声として出てきた。そこで形を変えた集まりつまり同窓会としてスタートした。年一回会う事から「七夕会」と名付け、京都組、大阪組が交互に幹事役をし会場を選んだ。開催日も7月7日に近い土曜日とした。京都、大阪以外に七夕会のメンバーの住む地域に遠出をした年もあった。昭和35年(1960年)には徳島に在住だった石川氏(旧近清氏)のセッティングで徳島の観光と鳴戸カントリーでのゴルフ。次は阿波踊りに,同志社大七夕会の「にわか連」として参加しようとの話が出ていたが、その後石川氏の急逝ため実現しなかった。

 昭和51年(1976年)には関西電力美浜原発勤務だった藤川氏の案内で美浜原発を見学した.当時は原発に関しては静かな時だった。

 平成9年(1977年)は長野県に在住の味澤氏(旧小松氏)のプランニングで冬期オリンピック開催の前年にチャーターした観光バスで各会場を案内して頂いた。七夕会の為事前の下見を含めて大変時間を掛けて頂いた。

 GM会は熱心に毎年集まったわけでもありませんし、その時々の幹事の気の向くままに集まって来ました。現在のメンバーは、西は福岡県、東は東京都、でもほとんどは関西に住んでいます。会の開催地はほとんどが京都、そして岐阜、神戸、熱海、東京でもやってきました。京都で開催の時はいつも懐かしい同志社キャンパスを散策しました。

 平成19年(2007年)は,七夕会のメンバーにとって卒業50周年を迎える事になった。森淳氏の発案で、卒業50周年記念の植樹をすることが決まった。植樹の主旨に28名の賛同を得た。平成19年(2007年)3月6日京田辺校地の有徳館西館の中庭に植樹した。木の名は「ハンカチの木」。当日は片山副学長、松岡工学部長、岡工学部同窓会会長、大鉢教授の方々にご出席して頂いた。

 平成19年(2007年)に迎えた50周年記念の七夕会は京都の宮町町のお屋敷で三味線、踊り、芸子、舞子と艶のある処を京都組が選んだ。

 平成23年(2011年)は京都市伏見区にある月桂冠大倉記念館を見学した。十石船に乗り暫し、静寂な川下りを楽しみ,昼食をする店に向かった。

 上記の他有馬温泉、高槻温泉の湯にも浸かった。昭和の年代には恩師にも参加して頂いたが、その後はご高齢ということもあって、段々と同窓だけになって来た。卒業の年、昭和32年(1957年)の春から始まった同窓の集いは、平成26年(2014年)迄57年間続いている。

 この間音信不通や鬼籍に入られた方々も多く、卒業時から比べると現在連絡が取れるのは約半数となった。

 同志社大学に入学したことが、何かのご縁で、こんにち至るまで毎年語り合えるのは、各自が選んだストーリーのような気がします。このストーリーの終りには誰にも分かりませんが、元気な姿で一人でも多く、一年でも長く続く事を望んでおります。ご縁は大切にしたいものです。

 奥村 八郎(電気学科昭和32年3月卒業) 記


掲示板

ログイン後ご利用いただけます
ログインはこちら



OB/OG会・同期会等の援助金について


同志社大学理工学部同窓会では、卒業生の親睦を図るため、OB/OG会や同期会などでの同窓会に補助金を交付致します。
補助金交付要綱につきましては下記の通りです。
尚、補助金の交付につきましては、交付申請書を受理した後、内容を審査の上決定し、申請者へ連絡致します。

同窓会等開催届 PDF
同窓会等実施報告書兼補助金申請書 PDF
補助金規定 PDF
参加者名簿 PDF

理工学部同窓会等補助金交付要綱

第1条(目的)
本要綱は、同志社大学理工学部同窓会会則第3条の規定に基づき活動する同窓会等の事業(以下、  「同窓会等活動」という)を活性化させるための補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。


第2条(補助対象等)
補助金の交付対象者および交付対象の同窓会等活動は以下のとおりとする。
 ◆対象者

1. 本会会員(工業専門学校・工学部・理工学部卒業生、工学研究科・理工学研究科修了生、工学部・理工学部旧・現教職員、その他幹事会で認めた者)であること。
2. 実施案内・報告を理工学会・同窓会HP、同窓会報「DoKoネット」に掲載する旨を承諾すること。
3. 同窓会当日に会費振込用紙を配布し、〒・住所・氏名・TELを明記していただくよう呼びかけること。
4. 卒業5年未満および卒業50年以上の会員以外の年会費納入者に限る。当日振込も可。
注1:その他内容や開催趣旨に判断を要する場合は、その対象の可否を幹事会で判断します。
注2:本活動補助制度利用にあたり虚偽の内容が判明した際は、補助金の返却を求めます。
注3:同一会員への補助は年1回(会計年度である4/1〜3/31を1年とする)とします。
 ◆対象の同窓会等活動
1. 同期会
2. OB・OG会
3. ゼミ同窓会
4. その他、会長が特別に許可した会


第3条(補助基準)
補助金額は一名につき一律2,000円(振込手数料除く)とする。


第4条(補助申請手続き)

1. 同窓会等実施の1ヶ月前までに理工学部同窓会事務局宛に「同窓会等開催届」をメール・FAX・  郵送のいずれかにて提出する。申請の内容について事務局から代表者(幹事)に問い合わせの  連絡をする場合があるため、開催届に記入する電話番号とメールアドレスは日中連絡が取りやすいものとする。
2. 同窓会終了後、1ヶ月以内に「同窓会等実施報告書兼補助金申請書」を事務局宛にメール・FAX・郵送のいずれかにて提出する。当日の参加者の集合写真を1枚は入れること。また、ゼミ担当教員の参加があった場合は必ず教員が写った写真も入れること。当日の参加者名簿も提出すること。
3. 補助金の支払いは、指定口座への振り込みにて行うこととする。


第5条(補助期間)
補助期間は平成26年7月12日から平成31年3月31日までとする。
延長・廃止をする場合は、幹事会にて審議し、ホームページに公開する。



HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報DoKoネット同志社理工学会案内理工学部同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850