同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > 同期会情報

■同期会情報


電気系1966年卒
 「GM会」(昭和41年電気工学科卒業有志)


 昭和41年(1966年)3月、同志社大学工学部電気工学科を卒業したその日に、卒業証書を持ったまま、夕方から京都三条河原町の老舗旅館「いろは館」に男ばかり20人ほどが集まり一緒に一夜を明かしました。もう48年前のこととなります。どういういきさつで、誰が音頭を取って、どういう名目で集まったのかはメンバーの誰も覚えていませんが、それが「GM会」の始まりでありました。多分、ごく自然に日ごろ気の合った連中が集まり、そういう流れになったように思います。そして翌朝、まだ酒臭いメンバーは、皆ちりちりばらばらに去っていきました。そしてメンバーがまた再会するのは20年後でした。

 電気工学部電気研究会や岳稜会や、更には麻雀や旅行やゼミや下宿先やその他の趣味などなどの縁で結ばれた仲間だったと思います。試験の時にお互いの下宿先とかで徹夜で助け合ったという思い出はありますが、なにか特別に学業・学問で結ばれたという記憶はありません。特に目的も無く、会長がいるわけでもなく、気の置けない仲間が集まった一種の私的な同窓会と言っていいだろうと思います。GMというのはGreat Menの略のつもりで付けました。これにはいろんな意味があると思いますが、メンバー各自が好きなように理解すればいいだろうと考えていました。いまやメンバーは71歳前後です。そういう年齢ですからすでに二人の物故者を出していますし、さらには、連絡の取れない者も一人います。

 当初のメンバーを並べますと;岡本朋英、村上圭史、小川悦正、堀江弘宣(以上、電材:谷口研)、石丸勝久、羽藤雅康、寺村治熙、時岡昭三(以上、電力:富永研)、吉田真明、洞武夫(以上、気回:岩本研)、衛藤政幸(音響:斉藤卜部研)、坂本敬夫、新川昭正、平野進(以上、子回:小川研)、伊藤建夫、中桐有道(以上、応電:元木研)です。

 洞君と新川君が亡くなり、坂本君とは連絡が取れなくなりました。新川君はANAのパイロット、その後教官を経て70歳まで現役で働き、昨年5月の京都でのGM会には病を押して元気な姿を見せましたが、10月に亡くなり、今年5月の東京でのGM会には奥様にも参加していただき、彼の偲ぶ会も兼ねました。新川君も喜んでくれたと思います

 卒業当時は、これから長い洋々たる人生が始まると思いましたが、48年たって、だんだん平均寿命に近くなってきました。あと何年続くかというところです。16名で始まったGM会も今は13名です。そして最近では、夫婦同伴での会合出席者も出てきました。

 GM会は熱心に毎年集まったわけでもありませんし、その時々の幹事の気の向くままに集まって来ました。現在のメンバーは、西は福岡県、東は東京都、でもほとんどは関西に住んでいます。会の開催地はほとんどが京都、そして岐阜、神戸、熱海、東京でもやってきました。京都で開催の時はいつも懐かしい同志社キャンパスを散策しました。

 メンバーの記憶を収集して、この会合の歴史を並べます。

第 1回 1966年(S41年)  3月下旬  京都「いろは館」(卒業式当日)

第 2回 1985年(S60年)  2月17日 京都河道屋 養老

第 3回 1988年(H元年)  2月21日 京都河道屋

第 4回 1991年(H 3年)  2月23日 岐阜長良川ホテル 

第 5回 1995年(H 7年)  2月18日 京都かに家(阪神淡路大震災)

第 6回 1997年(H 9年)  4月26日 京都がんこ(姫野さん参加)

第 7回 2000年(H12年) 11月11日 京都ホテル

第 8回 2003年(H15年)  6月15日 京都京浜作 

第 9回 2005年(H17年)  5月28日 岐阜ルネッサンスホテル(鵜飼見学、)

第10回 2007年(H19年) 10月21日 大津琵琶湖ホテル

第11回 2009年(H21年)  9月 6日 神戸TRUSTYホテル

第12回 2011年(H23年) 10月16日 熱海「伊藤園」ホテル熱海館<45周年記念>

第13回 2013年(H25年)  5月26日 京都「いろは館」(第一回会合した旅館に再集合)

第14回 2014年(H26年)  5月25日 ローズホテル横浜宿泊

第15回 2015年(H27年) 11月    京都(予定)

第16回 2016年(H28年)       海外?  <50周年記念>

 卒業式当日に第一回会合を持ち、その後、個々の交流はあったようですが、20年間、皆さん社会的基盤を築きあげるために同窓会への関心など持つ余裕はなかったのでしょう。第2回目の会合は皆が40歳を過ぎた頃でした。その後は、数年に一回の割合で、最近では1〜2年に一回、今後は毎年と考えています。昨年の第13回目の会合は、卒業式の日に集まったあの懐かしい京都三条河原町「いろは館」で宿泊宴会という思いが多く集まり、それを実現しました。そして翌日は出町柳まで電車で移動し、徒歩で同志社へ、さらに法科大学院寒梅館でフランス料理の昼食後解散しました。

 今年の5月は、横浜中華街で宿泊宴会、翌日は“はとバス”観光を利用して、スカイツリーに上り、浅草界隈で昼食・散策し、隅田川を下って日の出桟橋へ、そして東京駅で解散しました。関西在住連中もスカイツリーに上れるなら東京でもよいとなったわけです。

 それぞれのメンバーにも他の同志社関連の集まりはあると思いますが、この大学時代のGM会は全く気さくに参加できるので有難いです。メンバー全員はこの空気のような会合が好きです。久しぶりに会っても何ら気負わないし、分かれるときも「じゃぁまた」である。気楽にこうやっていつまで会えるのであろうかと思うとなかなかいいものです。

 GM会の皆さんは、それぞれのメンバーの人生をお互いに豊かにしていくものを分け合っているように思います。人数的にも10数人は何をするにしてもやりやすい。奥方同伴のムードが高まって、何といい会なのだろうと思ってしまいます。無意味な会でもいい、特に何らかの目的が無くてもいい、ただ、学生時代の縁で20代から70代まで、半世紀にわたって続き、こうやって集まり、そしていつかは自然消滅する運命にあります。GM会の男が全員寿命尽きても寿命の長い奥方同士が会を引き継ぐかもしれません。そしてGM会もGW会、Great Womenとなっているかもしれません。そんな会ですが、最後の一人は誰だろう?不徳かもしれませんが、考えるだけでも楽しいです。 以上。

中桐有道(090-1540-5235・yiu31010@nifty.com) 記


掲示板

ログイン後ご利用いただけます
ログインはこちら



OB/OG会・同期会等の援助金について


同志社大学理工学部同窓会では、卒業生の親睦を図るため、OB/OG会や同期会などでの同窓会に補助金を交付致します。
補助金交付要綱につきましては下記の通りです。
尚、補助金の交付につきましては、交付申請書を受理した後、内容を審査の上決定し、申請者へ連絡致します。

同窓会等開催届 PDF
同窓会等実施報告書兼補助金申請書 PDF
補助金規定 PDF
参加者名簿 PDF

理工学部同窓会等補助金交付要綱

第1条(目的)
本要綱は、同志社大学理工学部同窓会会則第3条の規定に基づき活動する同窓会等の事業(以下、  「同窓会等活動」という)を活性化させるための補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。


第2条(補助対象等)
補助金の交付対象者および交付対象の同窓会等活動は以下のとおりとする。
 ◆対象者

1. 本会会員(工業専門学校・工学部・理工学部卒業生、工学研究科・理工学研究科修了生、工学部・理工学部旧・現教職員、その他幹事会で認めた者)であること。
2. 実施案内・報告を理工学会・同窓会HP、同窓会報「DoKoネット」に掲載する旨を承諾すること。
3. 同窓会当日に会費振込用紙を配布し、〒・住所・氏名・TELを明記していただくよう呼びかけること。
4. 卒業5年未満および卒業50年以上の会員以外の年会費納入者に限る。当日振込も可。
注1:その他内容や開催趣旨に判断を要する場合は、その対象の可否を幹事会で判断します。
注2:本活動補助制度利用にあたり虚偽の内容が判明した際は、補助金の返却を求めます。
注3:同一会員への補助は年1回(会計年度である4/1〜3/31を1年とする)とします。
 ◆対象の同窓会等活動
1. 同期会
2. OB・OG会
3. ゼミ同窓会
4. その他、会長が特別に許可した会


第3条(補助基準)
補助金額は一名につき一律2,000円(振込手数料除く)とする。


第4条(補助申請手続き)

1. 同窓会等実施の1ヶ月前までに理工学部同窓会事務局宛に「同窓会等開催届」をメール・FAX・  郵送のいずれかにて提出する。申請の内容について事務局から代表者(幹事)に問い合わせの  連絡をする場合があるため、開催届に記入する電話番号とメールアドレスは日中連絡が取りやすいものとする。
2. 同窓会終了後、1ヶ月以内に「同窓会等実施報告書兼補助金申請書」を事務局宛にメール・FAX・郵送のいずれかにて提出する。当日の参加者の集合写真を1枚は入れること。また、ゼミ担当教員の参加があった場合は必ず教員が写った写真も入れること。当日の参加者名簿も提出すること。
3. 補助金の支払いは、指定口座への振り込みにて行うこととする。


第5条(補助期間)
補助期間は平成26年7月12日から平成31年3月31日までとする。
延長・廃止をする場合は、幹事会にて審議し、ホームページに公開する。



HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報DoKoネット同志社理工学会案内理工学部同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850