同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > 同期会情報

■同期会情報


機械系ゼミ「新葉会」
 2013年度復活!!


 機械学科新井ゼミには当時「新葉会」という名称の同窓会がありました。新井先生が、卒業後もゼミの卒業生同士の縦横のつながりをもっておくことの重要性を説かれて発足した会でした。現役の頃には、「新葉会」を通じて、先輩の会社で実験のご協力をしてもらったりしていました。卒業後も、同窓会開催も何度かあったのですが、いつの間にかタチ切れとなり現在に至っています。 新井ゼミを継承して下さった青山栄一教授と、当時の劣等性(小生、一瀬君、西埜君)が相談し、とりあえず、私たちの年代の人にお声がけしました。郵送とメールでご案内を送ったところ、多くの方々から、懐かしいお便りを頂戴しました。定年間際の年代ですので、皆さん第二の人生をどのようにエンジョイするか、と試行錯誤されている様子が垣間見えました。

 当日は、残念ながら全員出席とはいきませんでしたが、21名が集まってくれました。40年ぶりの再会であり、かつ、学部卒業生にとっては、1年違いでも面識がないので、最初は、皆さん緊張の様子でしたが、本家「とり初」のおいしい料理とお酒が進むにつれて、和気藹々、楽しいひと時を過ごすことができました。ただ単に懐かしいというだけでなく、ビジネスのお話も飛び出し、定年間近になってからの開催でなく、もっと若い時期にやりたかった、とのお声もありました。

 まずは再会を喜ぶと共に、定期的に集まること、また、新葉会のfacebookを立ち上げることを約束して閉会となりました。なお、当日参加できなかった方にも、次回は是非ともご参加頂きますことと、facebookにもご参加頂きますようお願いいたします。

 卒業生の皆さんにお伝えしたいことは、社会人になると日頃のお仕事に没頭して、学生時代の友人との交流も日が経つにつれて疎遠になってくるものですが、たまには、学生時代の友人と会って情報交換することが、ビジネスにも人生にも大いにプラスになるということです。そのためには、お世話役が大切ですので、今のうちにお世話をしてくださる方を確保されてはどうでしょうか。

 現在、同窓会のお世話役として、「同窓会委員」を登録するようになっていますが、こうした仕組みをうまく利用して、末永く交流が続くことを祈っています。


世話役 大枝 正人 記


掲示板

ログイン後ご利用いただけます
ログインはこちら



OB/OG会・同期会等の援助金について


同志社大学理工学部同窓会では、卒業生の親睦を図るため、OB/OG会や同期会などでの同窓会に補助金を交付致します。
補助金交付要綱につきましては下記の通りです。
尚、補助金の交付につきましては、交付申請書を受理した後、内容を審査の上決定し、申請者へ連絡致します。

同窓会等開催届 PDF
同窓会等実施報告書兼補助金申請書 PDF
補助金規定 PDF
参加者名簿 PDF

理工学部同窓会等補助金交付要綱

第1条(目的)
本要綱は、同志社大学理工学部同窓会会則第3条の規定に基づき活動する同窓会等の事業(以下、  「同窓会等活動」という)を活性化させるための補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。


第2条(補助対象等)
補助金の交付対象者および交付対象の同窓会等活動は以下のとおりとする。
 ◆対象者

1. 本会会員(工業専門学校・工学部・理工学部卒業生、工学研究科・理工学研究科修了生、工学部・理工学部旧・現教職員、その他幹事会で認めた者)であること。
2. 実施案内・報告を理工学会・同窓会HP、同窓会報「DoKoネット」に掲載する旨を承諾すること。
3. 同窓会当日に会費振込用紙を配布し、〒・住所・氏名・TELを明記していただくよう呼びかけること。
4. 卒業5年未満および卒業50年以上の会員以外の年会費納入者に限る。当日振込も可。
注1:その他内容や開催趣旨に判断を要する場合は、その対象の可否を幹事会で判断します。
注2:本活動補助制度利用にあたり虚偽の内容が判明した際は、補助金の返却を求めます。
注3:同一会員への補助は年1回(会計年度である4/1〜3/31を1年とする)とします。
 ◆対象の同窓会等活動
1. 同期会
2. OB・OG会
3. ゼミ同窓会
4. その他、会長が特別に許可した会


第3条(補助基準)
補助金額は一名につき一律2,000円(振込手数料除く)とする。


第4条(補助申請手続き)

1. 同窓会等実施の1ヶ月前までに理工学部同窓会事務局宛に「同窓会等開催届」をメール・FAX・  郵送のいずれかにて提出する。申請の内容について事務局から代表者(幹事)に問い合わせの  連絡をする場合があるため、開催届に記入する電話番号とメールアドレスは日中連絡が取りやすいものとする。
2. 同窓会終了後、1ヶ月以内に「同窓会等実施報告書兼補助金申請書」を事務局宛にメール・FAX・郵送のいずれかにて提出する。当日の参加者の集合写真を1枚は入れること。また、ゼミ担当教員の参加があった場合は必ず教員が写った写真も入れること。当日の参加者名簿も提出すること。
3. 補助金の支払いは、指定口座への振り込みにて行うこととする。


第5条(補助期間)
補助期間は平成26年7月12日から平成31年3月31日までとする。
延長・廃止をする場合は、幹事会にて審議し、ホームページに公開する。



HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報DoKoネット同志社理工学会案内理工学部同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850