同志社大学 理工学会・理工学部同窓会

HOME > 同期会情報

■同期会情報


化学系ゼミ「比叡会」
 2013年度同窓会


 1978年に同志社大学工学部工業化学科(現、理工学部機能分子工学科)電気化学研究室の同窓会である比叡会が設立されました。当時は今出川校地の扶桑館4Fの角に研究室が有り、窓越し真正面に相国寺を通して比叡山が望め、休憩時にはコーヒー片手に優美な景色を楽しみながら皆で日々の研究の議論を行っていました。電気化学反応は電極表面で生じるため、それは面における2次元反応で生成物濃度の増加には時間が掛かります。速度論的研究は電気化学的測定だけではなく生成物濃度のtime courseを追跡せねばならずほぼ全員が徹夜実験と言う事もしばしば有りました。卒論、修論を仕上げる10月以降はこの傾向が強まり、この時間共有の中から、どうしても同窓会を作りたいと言う意見が出て、あっという間に全員の共通意見と成り、たまたま博士課程で年かさの私が同窓会の責任者に祭り上げてしまわれました。会の命名も「比叡会」に決まりました。 第1回比叡会は、紅葉に燃える高尾の旅館にて1泊2日で行われました。卒業生ほぼ全員の参加で懇親の実は多いに上がりましたが、すこし騒ぎ過ぎ、旅館の女将から優しくクレームを戴いたのを懐かしく思い出します。

 本会は、早、36年の歴史を持つに至り、その間に指導教授は山下正通先生、田坂明政先生から稲葉稔先生と3代に亘っています。世帯交代のたびに無くなって行く同窓会が多いのですが、当会は先生方の特別の配慮を戴いており上手く継続されていることに感謝致しております。会員数も500名を超え、毎年秋、京都で開催されており、昨年は同志社Home Coming Day前日の11月9日(土)に49名の参加者を得て盛大に開催されました。

 その内容を簡単に説明致します。第1部は田辺校地(知真館2号館)において講演会を開催致しました。川辺 勝治氏(1980年卒)による「“やる気“を育てる学校教育の在り方」、松木平 伸一氏(1982年卒)による「PEARL SEMINAR 日本が誇れる宝石「真珠」の話」そして明本 斉氏(M2)による「現在の研究テーマ全容」の話が有りました。OBからの話は、各人の仕事において苦労した内容を含む体験談で、その迫力に現役学生も多いに感じるところが有ったものと推察されます。現役院生による研究の全容説明に、OBは電気化学の発展を体感したものと確信します。活発な質疑応答の中、卒業生より現役生への激励の言葉で会場は盛り上がりました。

 第2部は現役院生の案内による電気化学研究室(至心館3F)見学会でした。実験装置の充実ぶりもさることながら目を輝かせて懸命に説明する院生を見て、先生と現役の研究に対する決意の深さを垣間見ることが出来、OBとして誇らしい気持ちに成りました。

 第3部は夕刻から市内富小路錦小路下ルの「ト一」において開催された懇親会です。稲葉先生、田坂先生も参加され、恒例の近況を含む全員自己紹介で笑いが絶えず、和やかな内にもお互いの情報交換をした、大変有益で楽しい時間を過ごせました。今後も本会は確りと活動を続けますので、比叡会会員の皆様、宜しくお願い申し上げます。

比叡会会長  東城 哲朗(1976年工化卒) 記


掲示板

ログイン後ご利用いただけます
ログインはこちら



OB/OG会・同期会等の援助金について


同志社大学理工学部同窓会では、卒業生の親睦を図るため、OB/OG会や同期会などでの同窓会に補助金を交付致します。
補助金交付要綱につきましては下記の通りです。
尚、補助金の交付につきましては、交付申請書を受理した後、内容を審査の上決定し、申請者へ連絡致します。

同窓会等開催届 PDF
同窓会等実施報告書兼補助金申請書 PDF
補助金規定 PDF
参加者名簿 PDF

理工学部同窓会等補助金交付要綱

第1条(目的)
本要綱は、同志社大学理工学部同窓会会則第3条の規定に基づき活動する同窓会等の事業(以下、  「同窓会等活動」という)を活性化させるための補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。


第2条(補助対象等)
補助金の交付対象者および交付対象の同窓会等活動は以下のとおりとする。
 ◆対象者

1. 本会会員(工業専門学校・工学部・理工学部卒業生、工学研究科・理工学研究科修了生、工学部・理工学部旧・現教職員、その他幹事会で認めた者)であること。
2. 実施案内・報告を理工学会・同窓会HP、同窓会報「DoKoネット」に掲載する旨を承諾すること。
3. 同窓会当日に会費振込用紙を配布し、〒・住所・氏名・TELを明記していただくよう呼びかけること。
4. 卒業5年未満および卒業50年以上の会員以外の年会費納入者に限る。当日振込も可。
注1:その他内容や開催趣旨に判断を要する場合は、その対象の可否を幹事会で判断します。
注2:本活動補助制度利用にあたり虚偽の内容が判明した際は、補助金の返却を求めます。
注3:同一会員への補助は年1回(会計年度である4/1〜3/31を1年とする)とします。
 ◆対象の同窓会等活動
1. 同期会
2. OB・OG会
3. ゼミ同窓会
4. その他、会長が特別に許可した会


第3条(補助基準)
補助金額は一名につき一律2,000円(振込手数料除く)とする。


第4条(補助申請手続き)

1. 同窓会等実施の1ヶ月前までに理工学部同窓会事務局宛に「同窓会等開催届」をメール・FAX・  郵送のいずれかにて提出する。申請の内容について事務局から代表者(幹事)に問い合わせの  連絡をする場合があるため、開催届に記入する電話番号とメールアドレスは日中連絡が取りやすいものとする。
2. 同窓会終了後、1ヶ月以内に「同窓会等実施報告書兼補助金申請書」を事務局宛にメール・FAX・郵送のいずれかにて提出する。当日の参加者の集合写真を1枚は入れること。また、ゼミ担当教員の参加があった場合は必ず教員が写った写真も入れること。当日の参加者名簿も提出すること。
3. 補助金の支払いは、指定口座への振り込みにて行うこととする。


第5条(補助期間)
補助期間は平成26年7月12日から平成31年3月31日までとする。
延長・廃止をする場合は、幹事会にて審議し、ホームページに公開する。



HOMEお知らせ研究室情報就職先情報同期会情報支部情報DoKoネット同志社理工学会案内理工学部同窓会案内

同志社大学理工学会・同志社大学理工学部同窓会

事務局 〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社大学理工学部内 .0774-65-6219 Fax.0774-65-6850